日本の厳しい求人の現状と募集形態の着眼点について考える

大人の必須アイテムたち

Recommended

求人を出すうえでの注意点など

快晴な空

正社員や非正規職員の採用を考えている事業主の方はどのような方法で求人を出しているのでしょうか。また、どうすれ…

more

派遣という立場で働くことのメリット

紙をカットしている様子

正社員ではなく、派遣という立場で働いている人たちはかなりの数に上っています。政府も正社員化を勧めるように企業…

more

コールセンターで働く前に知っておくべきこと

ビル群を見下ろした様子

アルバイトの求人を探している方で、コールセンターの「高時給」に引かれた方は多いのではないでしょうか。地域差も出ますが、他の業種の求人に比べてコールセンターは比較的高時給に設定がしてあります。では何故でしょうか?それはコールセンターは精神的にキツい仕事だからです、しかし精神的にキツいというのは大体の方がご存知だと思います。
具体的にコールセンターには、アウトバウンドかインバウンドの2種類があり、アウトが「電話をかける」インが「電話を受信する」を指します。アウトであれば、商品の勧誘電話を永遠とお客さんに掛けなければなりません、殆どが普通に話させても貰えず即切をされるでしょう。しかしそんなお客さんを引き付けるトーク技術が必要となってきます、そんな殺伐としたやり取りに心が折れる方も少なくはありません。一方インでは、掛かってきたお客さんからのクレームを直に受けたり、商品についての説明等を行います、要はインで受ける方がその企業の窓口です。掛けてくる方の中には、商品について知り尽くした「ベテラン」の方もいますので、対するオペレーターは豊富な知識が必要となります。
コールセンターと通常の接客とで違う点は、主に身振り手振りが効かず自分の喋りだけで相手に伝えることです。そのため会話の中で、結論や後付けなどの組み立てが重要となります。簡単に思えるかもしれませんがやってみると本当に難しいです。
最後に、コールセンターで働くに当たりいい点もあり、それは品質が良ければ歩合給が付いたり、トークスキルが身に付くことです。間違いなく社会性が身に付くのでやってみて損は無い仕事だといえます。